日進市ボストンテリア・トイプードル・チワワ・ヨーキー・ヨークシャテリア・フレンチブルドッグ・自家繁殖もしています!
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
出会いの季節です。
 
 
【2012/04/05 14:03】
 
 
桜がボチボチ綺麗に咲き始めました♪

レンタル屋さんで『桜特集』みたいなコンピレーションアルバムがあったので、
おっ、いいじゃん、と思って借りたら全部インストロメンタルでした

・・・よくみろよ(笑)

さてさて気候が良くなってくると、新しくわんちゃんを家族に迎える方も
多いのではないでしょうか。
ペッツファンさんからもたくさんの子犬たちが巣立っていきますが、
お渡しのご説明をする時によく聞かれることがあります。

「この犬種はどんな病気が多いですか?」

もちろん、犬種によって好発疾患(出やすい病気ね)というのはありますが、
(EX. ダックスの椎間板ヘルニア・キャバリアの心臓疾患など)

さしあたって、パピーちゃんのうちに気を付けなければいけないこと、
獣医さんにお世話になることと言えば・・・。

風邪をひいただのオナカを壊しただのを除けば、
圧倒的に多いのが、
骨折
誤飲   でございます。

某保険会社さんのデータによりますと、
0~1歳の骨折の罹患率、2歳~と比べると15倍近いんですって!

P4025153ppp.jpg
        「なんでそんなに多いんだろうか。」

これは色々なケースがありますが、まず絶対的にパピーちゃんというのは体が小さく
骨が細いコが多いです。特に小型犬はね。
ですから、子供さんが抱っこしてて落としちゃった、とか
ソファーから飛び降りて、とか
よく見ずに歩いてて蹴飛ばしちゃったとか。

あとはスレンダーなカンジでしかもジャンプ大好きな犬種。
イタリアングレーハウンドミニチュアピンシャー
トイプードルもなんのなんの活発、罹患率多いですよ。

くじいちゃうくらいならまだいいけど、しっかりヒビ入ったりするコやパキッと
いっちゃうコまで。

しかも運が悪ければ、ギプスだけではなく外科的手術
ピンやボルトで留めたりとか・・・(ひーーっっ)
こうなると、治療費もかなりかかることはお忘れなく・・・。

パピーちゃんは、みるものすべて珍しく、好奇心いっぱい。
遊んでもらおうと興奮度マックスになることもしばしば。

興奮を抑える練習をするだけでもだいぶ事故は防ぐことが出来るかも。

加えて、

小さいお子さんがわんちゃんと遊ぶ時は必ず時間を決めて、
大人がフォローできる体勢を作ること。

階段、高いソファーなどには昇らせない。ゲートを付けたり、
柵を使ったりして、物理的に出来なくすることが大事。

わんちゃんを放しているときは家族が声を掛け合って、
「そこに○○ちゃんが居るよ~」と教えあいましょう。蹴っ飛ばしたり、
椅子を引いたりするときに巻き込まないようにね。

などなど。

当たり前といえば当たり前のことばかりです(笑)

次回、誤飲についてです

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://petsfan.blog92.fc2.com/tb.php/694-00647336

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。