日進市ボストンテリア・トイプードル・チワワ・ヨーキー・ヨークシャテリア・フレンチブルドッグ・自家繁殖もしています!
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ゴハンって大切。
 
 
【2011/11/20 23:34】
 
 
今年はお店のクリスマスツリーにちょっとトッピング

流行りのバラをオーナメントに追加♪
IMG_3633ppp.jpg
         ゴージャス感アップ~

昼も夜もキレイです、ちょっと注目してみてくださいね☆

先回のペットフードに関する記事(→コチラ
の続きですが。

先日お客様向けに行った「ペットフードに関するアンケート」の中で、
一番関心が高かったのが「安全性・栄養価」

「国産品って安心ですか?本当に鶏肉とか牛肉とか使ってますか」

という質問を頂きました。

実はペットフードというのは少し前までほとんど規制がないような
ものでした。
記憶に新しいと思いますが、2007年にアメリカでペットフードを
食べた犬や猫がたくさん亡くなってしまう、といういたましい事件がありました

これは原材料で使用していた中国産の「小麦グルテン」という物質中に
「メラミン」という工業用化学物質が不正に混入されていたことが
原因として挙げられています。
これが色々な条件が重なって彼らの腎機能に異常をきたし、重篤な状態を
作り出したというのがアメリカの獣医師会の見解です。

725A.jpg  
   どうして「メラミン」を混入する必要があったのでしょうか。

・・・これはですね、とても悲しいことなのですが
「メラミン」を混入することによって、原材料のタンパク質の
含有量
を高くみせることが出来るんですね。
もちろん見かけだけなのですが、成分上はとっても良質なタンパク質
できあがり、なのです。

いわゆる偽装ってヤツです

そりゃ、フードメーカーさんもいい原材料使いたいですもん。
数値だけ見れば使用するのに迷いはないでしょうね。

日本ではちっちゃな記事だったんですけどね。
そこで、ペットフードにも規制を!検査を!という声が
多数挙がり、2009年6月に「ペットフード安全法(←略称です)」
施行されました。

次は「ペットフード安全法」についてです

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://petsfan.blog92.fc2.com/tb.php/668-0250b281

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。