日進市ボストンテリア・トイプードル・チワワ・ヨーキー・ヨークシャテリア・フレンチブルドッグ・自家繁殖もしています!
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
床で寝ています。
 
 
【2008/10/16 21:51】
 
 
友達から電話があり、

kao03 「最近更新されてないからリコンしたかと思ってー。」(←やたら明るい)

・・・ショッキング!ッッ!!

・・・秋はですね、忙しいんですよ、イロイロと。
学校行事やら、衣がえやら。
お店のバックヤードをちょっと改装したり、そんな時に限って、
自宅のウォーターベッドが水漏れしてオシャカになってしまったり。(←布団までビショビショ)

あぁ・・・ヒジョーに痛い~金欠
ココロもカラダも。
主に腰が。(←水漏れの後片付けで腰痛)

てなカンジですが、今日は腰痛つながりで
ダックスの関節サポートについてのお話です。

ダックスフンドはもともとアナグマ猟向けに改良された犬です。
穴に入りやすいように短足ちゃんに作られたのですね。

そして、その胴長短足の体形ゆえに昇降運動(階段昇り降りとかね)や
ジャンプなどをすると背骨がしなります。
そのときの背骨への負荷はかなりのものかと。
さらにおデブちゃんだったりすると、ますます負担がかかるのですね。

胴長短足。キャワイイですね~。
   「惚れてまうやろーーーッ」(←Wエンジン風)

PA135929.jpg 
            ↑Cocco新作ユララタンク・パープル着用。

ダックスフンドは椎間板ヘルニアが多い犬種ですよ、とは以前にもお話したと
思いますが、これも関節のトラブルのひとつです。

背骨と背骨の間の椎間板という軟骨、これがずれたりすると
脊髄を圧迫するので痛みやマヒなどの症状が出てきます。

PET'S FANにきてくださるダックスちゃんたちもヘルニア歴のあるコは
多いです。安静にして様子をみていく程度から手術を受けたコまで、
程度は様々ですが、進行が早いと分単位で病状が進むこともあるそうで、
気をつけていきたい病気です。

PA135920a.jpg
        秘技・高速シッポ振り!


ウチの12歳のダックスは今年に入ってから、しばしば前肢をあげてびっこをひくように
なりました。前手の軟骨がすり減ってきているようで特に雨の日は痛みがあるようでした。

そこで、関節サポートの為にグルコサミン・コンドロイチン硫酸のサプリメントを
あげてみることにしました。

コレね。

PA135899.jpg
  ネイチャーベット グルコサミンDS withコンドロイチン

グルコサミン等の量がもっとたくさん入っているシリーズもあるのですが、
とりあえず、段階的にためしてみようと。

投与をはじめて、2週間後。
前肢をあげることもびっこをひくこともなくなりました。

現在は量を半分に減らして様子をみています。
これから寒くなり、痛みが再発するようであれば
量を増やしてみようかナ、と。

関節のサポートにはウエイトコントロールが不可欠なのですが、
サプリメントのチカラを借りるのもひとつの方法デス☆


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://petsfan.blog92.fc2.com/tb.php/169-a775c040

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。